司法書士と共に向き合う自己破産

自己破産の手続き相談で再出発をサポート

注意したい他人の借金

自分自身は、借金をしないで生活しているという人であっても、他人の保証人になってしまい、借金まみれになってしまう事もあります。借金は膨らむというのが厄介な点です。

書類にサインをしてしまうと、保証人になり完済する義務が発生します。他人の借金を引き受けるのではなく、渡したお金は戻ってこない事を前提として、現金で渡すなどという方法もあるかと思います。

他人の借金によって人生が変わった人は少なくありません。考えられるケースとしては、長期間返済を続ける必要があり、返済ができなくなってしまうと、自己破産をしなくてはいけなくなってしまいます。問題の重大さについては、忘れない様にしたいですね。

気軽にできる様になった借金

以前に比べると、借金というのは気軽にできる様になりました。一定の期間内であれば、利子の支払いが必要なかったり、また本人確認が楽にできたりする事もあります。

しかし、借金をするのであれば、返済する事を絶対に忘れてはいけませんね。ぎりぎりの状態で返済するのは、予想外の出費が発生する事もあると思いますので、やはり危険といえるでしょう。

借金をするのであれば、すでに返済の目途が立っている状態で、余裕を持って返済ができるという状態にしておく必要があると思います。借金のリスクを忘れない様にしたいですね。可能であれば、借金をするのではなくて、貯金をしてからお金を使う様に心掛けたいですね。