司法書士と共に向き合う自己破産

自己破産の手続き相談で再出発をサポート

破産する前に借金相談することが大切です

借金が返せなくなると自己破産という最終の救済措置があります。これは、借金が全てなくなる代わりに様々な制約を受けることになります。地方裁判所に申し立て認定される必要がありますが、ギャンブルや浪費などでは認められません。

ほとんどの財産をお金に変えて債権者に返済しなければならず、半年間は就けない職業があります。また官報にも掲載される他、信用情報機関に記載され5年から10年は新しい借金ができません。

大阪でも債務整理の方法は他にもあるため、こうなる前に弁護士や司法書士などの専門家に借金相談をすることは大切です。借金相談次第では自分の財産を守りながら借金を返済する方法が見つかるかもしれません。